大切な子どもを守る『デンタルフロス』のススメ

>

子どもの歯はスキマだらけです

この記事をシェアする

歯ブラシだけでは補えないから

子どもの歯は、後に一回り大きな永久歯が生えるためのスペースをとって生えてくることが多く、隙間が空いています。
「ウチの子、すきっ歯なんです」と悩んでいるお母さんもいらっしゃいますが、問題はありませんので安心してください。

歯の隙間そのものには問題がないのですが、その隙間に食べ物が入りやすいことで虫歯になる確率が高まります。
歯と歯の隙間をしっかりとケアしていかないと、気づいたら虫歯だらけということにもなりかねません。

そこでお薦めしたいのが、デンタルフロスの使用です。
歯磨きの仕上げの際に、全ての歯間にデンタルフロスを使ってあげてください。
歯の側面を沿わせるようにして、汚れをしっかりと落としていきましょう。

力を入れすぎたり、深く差し込んでしまうと歯茎を傷つけてしまいますので、優しく擦ってあげるだけで大丈夫です。

こんなに凄い!デンタルフロス

歯ブラシだけでは口内の汚れが取れるのはたったの6割程度と言われています。
ところがデンタルフロスを併用することで、9割の汚れが落とせるのです。

歯と歯が接触している部分は、どうしても歯ブラシが入らずに磨くことが難しいのですが、デンタルフロスは糸ですのでしっかりと隙間を通すことができます。
そして力を入れることなく、歯に沿わせてノコギリのように前後に優しく動かすだけ。
歯や歯茎を傷つけずに、しっかりと汚れを落とすことが可能です。

デンタルフロスは、子どもだけではなく大人にもぜひ使っていただきたいものです。
大人の虫歯だけではなく、歯周病や口臭の予防にも効果的です。

また、デンタルフロスを使った後は、しっかりと口をすすいで汚れを落とすようにしましょう。

デンタルフロスは1日1回、夜の歯磨きの仕上げに行うことで、虫歯や歯石予防の効果を高めてくれます。