大切な子どもを守る『デンタルフロス』のススメ

>

お子さんの大切な歯、メンテナンスできていますか?

この記事をシェアする

お子さんの歯磨き習慣は大丈夫?

お子さんの歯磨き、時々見てあげていますか?
適当に磨いていたり、力任せに歯ブラシを擦っていたり。
そんな間違った歯磨きをしているのに、見過ごしてはいないでしょうか。

乳歯のエナメル質は永久歯の半分ほどの薄さですから、とても傷つきやすくて脆い。
それに歯そのものが小さいですから、とても磨きにくいものなのです。

適当に磨いていたのでは、しっかりと汚れを落とすことはできませんし、力任せに磨くとエナメル質を傷つけてしまいますので、割れや欠けの原因となります。

朝や夜の食後に歯磨きを行うことは習慣にしやすいですが昼食後やおやつの後はいかがですか?
保育園や幼稚園、学校の取り組みにも寄るでしょうけれど、昼食後やおやつの後に歯磨きをする習慣があまりないというケースも多々あります。

歯磨きできないという場合でも、せめてしっかりとうがいなどですすぐ習慣はつけさせましょう。

仕上げは親御さんがしてあげましょう

お子さんに歯磨きをさせた後は、親御さんが仕上げをしてあげましょう。
磨き残しをきれいにするだけではなく、ちゃんと歯のチェックをしてあげてください。

実は乳歯が虫歯になっても、かなり悪化するまで気付きにくいという特徴があります。
子どもは痛感神経が未発達で、虫歯になっても痛みを感じにくいことが多いのです。

そして『虫歯になると黒くなる』というイメージがありますが、乳歯の虫歯は白いケースが多く見られます。
また、白い虫歯は黒くなるものよりも進行がはやく、あっという間に蝕まれてしまいます。

お子さんの歯磨きの後は必ず親御さんが仕上げをする。
それにより磨き残しをなくし、虫歯のリスクを下げましょう。
仕上げの際には全ての歯をチェックして、割れや欠けの有無を確認したり、虫歯の早期発見に努めていきましょう。